2021年9月7日

日本地球化学会・第68回年会において、招待講演を行います(オンライン, web討論)。

セッションG07 素過程を対象とした地球化学

「鉱物溶解/成長時の pH およびイオン濃度分布変化を可視化する:蛍光プローブを用いた試み」

川野 潤

2021年7月9日

科研費・挑戦的研究(萌芽)に以下の課題が採択されました。

「pH/イオン濃度分布の可視化が拓く新たな固液界面反応評価」

2021年6月12日

宝石学会(日本)2021年度講演会において、発表を行いました。

・「AIに宝石鑑定は可能か?―深層学習によるダイヤモンドクラリティグレーディングの試みー」

  川野 潤・花岡 瞳・北脇裕士(中央宝石研究所)・江森健太郎(中央宝石研究所)・瀧川一学(理化学研究所)

2021年6月5日

日本地球惑星科学連合2021年大会(オンライン開催)において、発表を行いました。

・「水溶液中における鉱物溶解/形成過程の理解に向けたpHおよびイオン濃度分布のイメージング」
  川野 潤・矢崎 誠・松本信二・豊福高志(JAMSTEC,海洋大)・長井裕季子(JAMSTEC,科博)・大野和也・永井隆哉

2021年4月22日

研究に参画していた土’山明教授(立命館大学)の論文が、Science Advances に掲載されました。

Tsuchiyama, A., Miyake, A., Okuzumi, S., Kitayama, A., Kawano, J., Uesugi, K., Takeuchi, A., Nakano, T., and Zolensky, M. (2021)

“Discovery of primitive CO2-bearing fluid in an aqueously-altered carbonaceous chondrite”

Science Advances, 7, eabg9707.

DOI: 10.1126/sciadv.abg9707

 

プレスリリースはこちら

「隕石中に閉じ込められた CO2 に富む液体の水を世界で初めて発見」

More News »

News

New Frontiers in Biomineral Formation Research