ホーム > ニュース一覧

2024年2月5日

三木康誠さん(M2)が、理学院自然史科学専攻・地球惑星システム科学講座の修士論文発表会で、優秀発表賞を受賞しました。おめでとうございます!

発表題目「pH/Ca2+濃度変化の同時可視化による炭酸塩鉱物溶解反応の解析」

 

三木くん 授賞式

2024年1月24日

長谷川晋一さん(M1)の研究が、白石科学振興会 2024年度技術者・研究者育成助成に採択されました。

「pH及びCa2+濃度の同時可視化による準安定リン酸カルシウムの表面溶解過程の観察」

2023年12月4日

第52回結晶成長国内会議(ウィンクあいち)において、招待講演を行いました。

シンポジウム「バイオミネラリゼーション研究の新展開:基礎・材料・医療」

「蛍光イメージング法で見る成長/溶解するカルシウム系化合物のイオン濃度分布変化」

川野 潤・松本信二・長谷川晋一・三木康誠・杉浦悠紀(産総研)・丸山美帆子(阪大院工)・豊福高志(JAMSTEC)・永井隆哉

2023年11月4日

共同研究を行っている麻川明俊博士(山口大学大学院創成科学研究科)の論文がJournal of Crystal Growthに受理され、web掲載されました。

Asakawa, H., Echigo, I., Uneda, H., Kusaka, R., Suga, K., Ikebe R., Tsukamoto, K., Kawano, J., Katsuno H.,, Nishimura, Y., Maki, T., and Komatsu, R. (2024)

“Growth of large norsethite crystals in aqueous ammonium nitrate solutions”

Journal of Crystal Growth, 626, 127482.

DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2023.127482

2023年10月11日

川野が分担執筆した書籍「晶析操作の実務」(情報機構)が刊行されました。

第2章第9節「晶析における局所イオン濃度変化の可視化」

 

晶析表紙

2023年9月15日

岩根直さん(M2)と川野が、日本鉱物科学会2023年年会(大阪公立大学)で発表を行いました。

・「ゲル中で形成する炭酸カルシウム多形の形成過程:形成場のpH可視化による解析」

  松本 信二川野 潤三木 康誠・豊福 高志(JAMSTEC)・長井 裕季子(JAMSTEC)・永井 隆哉

・「陽イオンの水和状態の違いが炭酸塩鉱物形成プロセスに与える影響:非水和溶媒を用いた検討」

 (ポスター発表)

  岩根 直川野 潤・篠崎 彩子・永井 隆哉

2023年7月9-14日

国際会議 Goldschmidt 2023 (Lyon/online) において、発表を行いました。

”Direct observation of pH distribution during the formation of calcium carbonate polymorphs in gel media”

Kawano, J., Matsumoto, S., Miki, K., Toyofuku, T.(JAMSTEC), Nagai, Y.(JAMSTEC), and Nagai, T.

(Session 6k: Advances in the atom/nano-scale structural characterisation, transport, adsorption, reactivity and growth of minerals and their interfaces)

2023年6月17日

日本地質学会北海道支部2023年例会(札幌)において、招待講演を行いました。

「炭酸塩鉱物の“non-classical”な形成過程とそれにまつわる最近の話題について」

 川野 潤

2023年5月21-26日

日本地球惑星科学連合2023年大会(幕張メッセ)において、発表を行いました。

・「pH可視化によるゲルマトリックス中での炭酸カルシウム形成過程の解析」
  松本 信二川野 潤三木 康誠・豊福 高志(JAMSTEC)・長井 裕季子(JAMSTEC)・永井 隆哉

・「The importance of diverse laboratory observations in understanding the biomineralization of calcareous biominerals」

  Tofoyuku, T.(JAMSTEC), Nagai, Y.(JAMSTEC), Kawano, J., Suzuki, M.(Univ. Tokyo)

2023年1月30日

三木康誠さん(M1)の研究が、白石科学振興会 2023年度技術者・研究者育成助成に採択されました。

「Ca2+およびMg2+濃度の同時可視化による炭酸塩結晶の表面溶解過程の観察」

三木君(4月24日撮影)

ホーム > 2014年11月6-8日

PageTop